スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うおおおおおおおおおニャンミィィィィィィィィィィィィイイイイイイイイイイイ



これが噂のDS-10か・・・・・

凄く欲しいデス。
スポンサーサイト

わかむらP




すげええ、どんどんクオリティがあがってるぜ。
これは次回作に期待

ドドドドドドドド


やほおおおおおおおぃ!!!

ガラスの質感と木の質感がうまく出たと思うんだ。

今まで描いた中で一番いいんじゃないかな?かな?


これが!!大人のやり方か!!!




これはいい!!

クリックハウスっぽい

失う事から全ては始まる 正気にては大業ならず 武士道はシグルイ死狂いなり



花の立体感が掴めず挫折、時間切れ



色が薄い立体感出てない構図が悪い

ネット上における映像媒体について思うこと

痛ニュー

ネット上における映像媒体の移り変わりは、フラッシュから始まり現在は動画共有サイトが主流だけれども、

その流れも長くは続かないんじゃないかなと思う。

理由は簡単、それは動画共有サイトのサーバー維持費と電気代がべらぼうに高つくから。

だから思うのだこれからはP2Pの時代だと!!!!

すでに角川が何だか取りかかっているみたいだしね。

けども課金制とかだったら流行らないだろうな。

リテラシー

若いうちにフリーランチを考える必要はない

 お金を使ってお金を得る“不労所得”という甘美な響きは、年金やキャリアなど将来不安を抱える私たちの心をくすぐる力を持っている。確かにこの世界が人間の感情という非合理的なエネルギーで動いている以上、市場(マーケット)にはいつも不均衡やひずみ、ゆがみが存在する。だからマーケットでうまいポジションを取れれば、あるときには利益を手にすることもできるかもしれない。

 だがそのような“ポジションゲーム”を、我々は個人としてやり続けるべきなのだろうか? 私はそうは思わない。

「自分軸」と「社会軸」を見極めるということ

 グローバル資本主義の名のもと、各国を自由に飛び回る貨幣は、大きな可能性を持っている。だが私は、直感的に思う。どんなに金融経済の世界が広く、自由に飛び回り、時に大金を得ることができたとしても、閉じた系の中で富の移転を繰り返すことはむなしい作業である。

 今年、大きな問題になったサブプライムローンなどから見えてきたことは、実態経済と金融経済の乖離幅の拡大である。早晩、現在の金融資本主義システムは修正を余儀なくされるだろう。そのような中で私たちが行うべきは、「いかに得するポジションを見つけだすか?」ではなく、「いかに自らが価値を生み出すか?」を愚直に考えて実行し続けることである。

 金は、移ろいやすく、人は残る。答えは案外、シンプルなところにあるのかもしれない。


なるほど・・・っていうか当たり前のことだな

予備校にて




顔が小さい立体感が足りない対象を面でとらえよ。

・・・

なんのこっちゃ

キラッ☆

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1146619.html


えええええええ


イタリアに負けた・・・


あれ。そういう問題じゃないよな



如意羽衣

こ、これは・・・











うわあああああああああああああああああああああ

くるなくるなくるなkるな

臨兵闘者皆陣烈在前、臨兵闘者皆陣烈在前、臨兵闘者皆陣烈在前、臨兵闘者皆陣烈在前、臨兵闘者皆陣烈在前、臨兵闘者皆陣烈在前、臨兵闘者皆陣烈在前、臨兵闘者皆陣烈在前、臨兵闘者皆陣烈在前、臨兵闘者皆陣烈在前、臨兵闘者皆陣烈在前、臨兵闘者皆陣烈在前、臨兵闘者皆陣烈在前、臨兵闘者皆陣烈在前、臨兵闘者皆陣烈在前、でえええええええい!!!!

切った!!!

超現実主義



俺ボイス復活

さてそろそろメンテか

もぎたてみったん



小学生の時に流行った。
ホでやると面白い。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。